平成19年度大会

  中國出土資料學會平成19年度大会(第3回例会)

日時: 平成20年3月15日(土)
 受付開始 12:30〜
 研究報告 13:00〜16:00
 会員総会 16:00〜17:30

場所: 東京大学文学部法文2号館2番大教室
 (東京都文京区本郷7−3−1)

報告T 楯身 智志(早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程)
発表題目:「前漢における「官爵」の形成―「宦皇帝者」の形成と官制・爵制の展開―」


発表概要:漢代の二十等爵制には、第9級五大夫以上の爵位を六百石以上
の官吏のみが所有し得る「官爵」、第8級公乗以下の爵位を民衆までもが所有し得る
「民爵」とする区別が存在していたとされている。しかし、この「官爵・民爵の区
別」の成立時期や成立過程については、いまだ十分な検討がなされていない。本発表
では、前漢初期に五大夫以上の有爵者、六百石以上の官吏と同等の待遇を与えられて
いた「宦皇帝者」の意味内容を手がかりに、三者の関係とその変遷過程を検討するこ
とで、「官爵・民爵の区別」の成立過程とその実態に迫ってみたい。

★報告U・Vは、事前の発表と異なり、次のように変更となりました。


報告U 森  和「離日と反支日―「日書」の比較研究(1)」

報告V 池澤 優「鎮墓文の文書構成―死者の排除から恩寵へ」


☆参加費(資料代)500円
☆非会員の来聴を歓迎します

主催 中國出土資料学会
連絡先 〒113-0033 東京都文京区本郷7−3−1
東京大学文学部 池澤研究室
Tel 03-5841-3767(直通)
Fax 03-5841-3815
E-mail syutsudo@l.u-tokyo.ac.jp